医療法人 修命会 土佐丹羽クリニック|癌|膠原病|アトピー|高知県土佐清水市

 
※令和元年10月1日 土佐清水病院は土佐丹羽クリニックに改称致しました。
 
※当院は自由診療となっております(健康保険は適用されませんので全額自己
負担となります)。
 
※完全予約制となっておりますので、来院の際は必ず事前に予約をおとりくだ
さいますようお願いします。
 
本院は本年5月より毎週日曜日が休診日となっておりますので、ご注意くだ
さい
 

比較考量の必要性を訴える

   

『比較考量』という法律用語がありますが、all or noneでなく、許された範囲で 何が一番よいか考えるのが大切です。理想で言えばステロイドを使わないに こしたことはありませんが、ステロイドを使わずに社会生活が出来ないのでは、 いくらリウマチが生命と関係ないと言っても人間ではありません。

 

時折、「丹羽医師は抗癌剤、ステロイドを使わないと言って、癌に抗癌剤を、 またリウマチ患者さんにステロイドを使っている」と非難されます。

 

以上、私がお話して来ましたように、このようにあらゆる治療に抵抗してどうにもならぬ 患者さんに、副作用ができるだけ出ない程度のステロイドを使うことは、やはり比較考量を 考えた上で許されることではないでしょうか。

 

また、私は重症のアトピー患者さんに、 低濃度のステロイドに天然の生薬を混ぜた軟膏でどんどん改善させ、社会復帰を させていますが、これを非難される医師もおられます。 「丹羽医師は自然回帰の旗をあげステロイド軟膏を使っている」と。

 

しかし現実には、最近の超重症化したアトピーでは、温泉、酸性水、漢方薬ではコントロールできず、 多くの患者さんが社会生活からの抹殺で終わってしまうという気の毒なことになっています。

 

私の天然の生薬が副作用が出ないような働きをさせるので、 この低濃度のステロイドプラス天然の生薬の軟膏療法はアトピー患者さんには 許されるわけです。社会生活から抹殺されようとする重症アトピーに対する低濃度ステロイド含有軟膏外用と 同じく、社会生活ができなくなるような重症のリウマチ患者さんに、この程度の ステロイド内服をさせることは、比較考量を考えて許されることだと私は信じています。

(Pharmacometrics, 58: 35-44, 1999;アレルギーの臨床、17:126-127、1997;)

 

もう一度上述の原則を整理しますと、最初に申しておりますように95%は私の天然の生薬を、癌、膠原病、難病の 患者さんに使っていますが、5%は化学薬品を使うと申しております。

 

その使用基準は、癌の中でも7~8割は抗癌剤で完治する子供の急性リンパ性白血病、精嚢癌、 また、2~3割はうまく抗癌剤でコントロール出来る悪性リンパ腫の患者さんには、 患者さんがいくら苦しもうと、治るのですから敢然と使います。

 

次に、アトピー患者さんの全身超重症の皮疹で痒くて夜も眠れず、学校、会社にも 行けない、結婚・恋愛の破談、中断など社会生活から抹殺された患者さんに私の 開発した天然の抗酸化剤エキス(ステロイドの副作用を抑制する)を入れた 低濃度ステロイド軟膏療法を行い、社会復帰させてあげています。

 

直接、生命には関係しませんが、腫れ、熱発、関節痛のため社会生活も 出来なくなろうとするリウマチ患者さんに、私の天然の生薬を使用しても どうしても改善しない場合は、1.5錠(プレドニン7.5mg)以下のステロイド内服を 行って人間らしい生活をさせてあげています。

 

生命を奪うような重症のSLE、皮膚筋炎は、私の天然の生薬で治療し、効なく、 生命も危険な場合は、私の天然の生薬の併用でステロイドの量を なるべく少なくして、生命を救うためにステロイドを敢然と使用します。

 

我々は原始人とは違います。 人類が21世紀に得た叡智の賜物である科学の恩恵を享受すべきです。 比較考量を考えて、これぐらいの抗癌剤、ステロイドを使うことは 大きい目で見て、また、患者さんのことを考えて、むしろ望ましいことではないでしょうか。

 
   

 
丹羽療法を実践する全国の病院、クリニック
医療法人 修命会 土佐丹羽クリニック 高知県土佐清水市幸町5-3
(神奈川県 横浜市)修命会 新横浜駅前診療所 神奈川県横浜市港北区新横浜3-8-12 丸八新横浜ビル3F
(石川県 小松市)加賀丹羽クリニック 石川県小松市園町ハ36-1 小松織物会館内
(愛知県 名古屋市)修命会 名古屋診療所 愛知県名古屋市昭和区村雲町17-26 成和ビル5階
(大阪府 大阪市)修命会 新大阪診療所 大阪府大阪市東淀川区東中島2-9-15 日大和生ビル10F
(岡山県 岡山市)岡山丹羽クリニック 岡山県岡山市北区天瀬3-6 京橋ビル新館1階
(福岡県 福岡市)修命会 福岡クリニック 福岡県福岡市博多区中洲中島町2-3 福岡フジランドビル2階
医療法人 修命会
土佐丹羽クリニック
〒787-0306
高知県土佐清水市幸町5-3
TEL:0880-82-2511
FAX:0880-82-4925

------------------------------
1.癌治療
2.膠原病治療
3.アトピー性皮膚炎治療
--------------------------
<<医療法人 修命会 土佐丹羽クリニック>> 〒787-0306 高知県土佐清水市幸町5-3 TEL:0880-82-2511 FAX:0880-82-4925